• すべて
  • 政治
  • 経済
  • 国際
  • ビジネス
  • ライフスタイル
  • Suwila!!の本
  • Posts

    【内閣の仕組み②】内閣府?外務省?省庁っていっぱいあるからわかんない!〜1府13省庁とは?気になるトコロ、ちゃらっとさらっとEasy解説!〜

    官僚ですが-01_Fotor

    ハローベイベー!
    こんにちは杉森です!
     
    さて今回は内閣の組織について見ていきましょう!

    内閣組織図-02

    内閣は上の図のように、内閣府や外務省や・文部科学省などの、いわゆる1府13庁と、内閣官房oo会議やoo本部などで形成されています。そして各部門のトップが、国務大臣ですね。
     
    では、このような組織、実際にどのようなことをする組織なのか、何個かピックアップして見ていきましょう!

    内閣の組織を解説!

    内閣官房とは?

    内閣官房は、「内閣のサポート機関」です。
    閣議の準備から、閣議で話合われる案件の事前調査や資料作成、その他調整などを行います。
    会社で言っちゃえば、営業事務のような位置付けですね。
     
    内閣官房のトップは、「内閣官房長官」です。内閣総理大臣のサポートをする役目が非常に大きいので総理の右手と揶揄されます。
    また、官房長官ってニュースよく観ると思いますが、これは官房長官が、内閣の発表係(スポークスマン)だからです。
    官房長官は、名前に大臣の文字は入りませんが、国務大臣の1人になります。

    内閣府とは?

    内閣府とは、「便利屋さん」です。
    他の省庁の分野でない問題や、2つ以上の省庁が関わる案件などを担当します。
    トップは総理大臣ですが、ここでは非常に多岐にわたるジャンルのテーマを取り扱うので、そのテーマごとに新たに国務国務大臣を配置するのが一般的です。
     
    2016年5月現在であれば、経済財政政策、金融、地方創生、原子力損害賠償・廃炉等支援機構、消費者及び食品安全、規制改革、防災、少子化対策、男女共同参画、沖縄及び北方対策、クールジャパン戦略、知的財産戦略、科学技術政策、宇宙政策、原子力防災の15個のテーマがあり、それぞれに「内閣府特命大臣」をおいています。テーマが非常に多いので、大臣はテーマの兼任もします。
    また、この「内閣府特命大臣」も国務大臣にあたります!

    財務省とは?

    財務省の主な仕事は「税金を集めて、予算を管理する」ことです。
    よくドラマなどででてくる、脱税を摘発する国税局査察部(マルサ)の国税庁も、財務省の一部です!
     
    また、お金を作れるのも財務省!
    紙幣は、日本銀行の注文を受けて、財務省の国立印刷所で印刷します。
    紙幣を発行するかしないかを決めるのは日本銀行で、実際に印刷をするのは財務省、というった関係ですね。
    一方、硬貨は財務省の造幣局で作ります。硬貨を作るの上では、日本銀行からの注文は必要ありません。

    外務省とは?

    これはそのままです。「外国とやりとりする」のが主な仕事です。
    日本国内で、外国との窓口になるのはもちろん、海外での日本領事館や日本大使館にて、その国での日本人のサポートをしたりしています。

    大使館と領事館って、なにが違うの?
    簡単に言えば、大使館は本社、領事館は支店のような感じです。
    基本的に大使館は1つの国で1箇所だけで大抵首都にあり、領事館はその他都市に置かれます。
    例えば、日本の韓国大使館は東京にあり、領事館は大阪、福岡、横浜など計9カ所にあります。

    文部科学省

    ここは、「教育、学問、スポーツ、文化、科学技術」などがメインテーマです!
    近年では、学校でのいじめが文部科学省の中でも非常に大きなテーマとなっております。なくなってほしいものです。

    防衛省

    ここは、言わずもがな自衛隊を管理するところですね!
    防衛省って他の省庁と同じように、都心のど真ん中(東京の市ヶ谷)に防衛省のビルがあるんですが、みなさんご存知でしょうか。ここからミサイル発射できるんですよ!
    正確には「他国が打ったミサイルを打ち落とすためのミサイル」、いわゆる迎撃ミサイルの発射装置があります。主に、北朝鮮がいきなりミサイル撃ってきた用に準備しているんですが、都心のど真ん中でミサイル打てるとこがある、ってのもちょっと心強いとともに怖いですよね。

    国土交通省

    ここは道路やダム、鉄道や空港など、国の土地や交通に関係する部分がメインテーマとしてします。
    天気予報のための情報を集める気象庁も、国土交通省の一部です!

    農林水産省

    ここのテーマは、「農業・漁業」ですね。
    近年、農業の再開発に力を入れていますが、TPPで事情も変わってくるでしょう。今後に期待ですね!

    総務省

    ここは名前の通り、非常に色々なことをしております。
    例えば、マイナンバーなどの行政管理、ふるさと納税などの地方自治に関わる部分、テレビなどの電波事業関係などです。
     
    なかでも、2016年の高市総務大臣「テレビの電波止めちゃうぞ!」発言は物議を醸しましたね。
    報道の自由や知る権利など、国民の権利とも非常に近い関係の総務省、ここも、今後の動きが気になるところですね。

    消費者庁

    きました消費者庁!我らが消費者の心強い味方です。
    最近では、食の安全詐欺事件ネットでのトラブルなど、消費者庁への問い合わせも非常に増えています。
    消費者庁ができたのは2009年と比較的新しいですが、警察とともに、消費者を守る庁として、いまやなくてはならない存在ですね!

    oo会議やoo本部ってなに?

    また、その他の各省庁に属さなくて、かつ内閣府でも取り上げられていないテーマに関しては、個別に会議や本部を設置し、担当します。
    具体例としては、「TPP総合対策本部」「拉致問題対策本部」「若者・女性活躍推進フォーラム」などがあります。
     
    以上のように、各省庁などによって、政府の政策は実務レベルにて、私たちの生活に反映されています!
     
    以上、今回はここまで!
    それではまた別記事でお会いしましょう!チャオ!


    Popular Posts!!