• すべて
  • 政治
  • 経済
  • 国際
  • ビジネス
  • ライフスタイル
  • Suwila!!の本
  • Posts

    【今更聞けない】外国為替のお話〜円安?円高?円高だったらどうなるの?為替とは?ちゃらっとさらっとEasy解説!〜

    円安?-01_Fotor

    ハローベイビー!
    こんにちは杉森です!
     
    さて今回は、外国為替円安とか円高とかのお話です!
     
    円安とか円高とかって、よく聞くけども、
    円安だからどーなの!?
    ってゆーかなんで円安とか円高とかになるの!?
    という部分を解説していきます!
     
    それでは、張り切っていきましょーう!!

    円高、円安ってなんだろう?

    そもそ円安ってどうゆう意味?

    2016年5月現在、1ドル=107円前後となっています。
    このような、2つの国の通貨の交換レートを為替相場と言います。

    多くの国では、為替相場というと、「その国のお金とアメリカドル」の交換レートを指します。
    それは、アメリカドルが世界で一番ポピュラーだからです。

    この為替相場は日々変化していますね。
     
    例えば、2015年7月は、1ドル=120円前後2012年5月だと、1ドル=80円前後でした。
    円安円高-01
    となると、現在と比較すると、
    2015年7月の1ドル=120円前後は円安
    2012年5月の1ドル=80円前後は円高
    となります。

    一概に何円以上なら円安という基準はありません。ただ、ここ10年間くらいを見てみると、おおよそ1ドル75円〜125円の間で推移しています。この中間点が100円くらいですので、100円以上=円安傾向、100円未満=円高傾向という感覚をつかんでおくと、ニュースも理解しやすいです。

    ちょっとまった!120円の方が高いんやから、120円=円高じゃないの?
     
    早速でました。第一ポイント!これがややこしい!
     
    円の値は低いほど、円高になり、
    円の値が高いほど、円安になります。
     
    なぜでしょうか。例を見てみましょう。
    わかりやすくするために、1ドル=100円と、1ドル200年の場合でみていきますね。
     
    例えば、1個1ドルのオレンジがあるとします。それを100万円で輸入します。
     
    まず、1ドル=100円の場合、
    1,000,000円÷1個100円=1万個輸入できます。
     
    次に、1ドル=200円の場合、
    1,000,000円÷1個200円=5,000個しか輸入できません。
     
    なんで1ドル=100円の時の方が、たくさん輸入できるのでしょうか。
    理由は、円の価値が高いから。です。
    したがって、円の値が小さい方が、円の価値が高くなる=円高、といいます。

    お金の価値が変化するのは外国為替との関係だけではなく、国内経済でもそうですね。
    デフレ時(モノの値段が下がる)とインフレ時(モノの値段が下がる)でみてみましょう!
    例えば、デフレ時=牛丼1杯200円、インフレ時=牛丼1杯400円としましょう。
    デフレ時は、1000円で牛丼5杯食べれますが、インフレ時は牛丼2杯しかたべれません。
    なぜでしょうか。デフレ時にはお金の価値が上がり、インフレ時はお金の価値が下がるためです。

    じゃあ円高になったらどうなるの?

    円高のメリット-01

    図のように、
    円高=対日本人のビジネス(輸入産業)が、
    円安=対外国人にビジネス(輸出産業)が、有利になります。
     
    例えば、日本車の輸出で考えてみましょう。
    1台日本円にして300万円の車を、アメリカに売ります。
    それを、円高時と円安時で比較すると、
     
    円高時(1ドル80円)=37,500ドル
    円安時(1ドル120円)=25,000ドル
     
    と、こんなに差が出ます。
     
    円安時には、アメリカでバカ売れするかもしれませんが、
    円高時にわざわざ高いお金を出して買う人は少なくなりますね。
     
    逆に、ティファニーの10,000ドルの婚約指輪で見てみましょう。
     
    円高時(1ドル80円)=80万円
    円安時(1ドル120円)=120万円
     
    と、なんと40万円も差が出てしまいます・・・・
    婚約するなら円高時に限りますね!
     
    と、まあこのように、円安と円高のそれぞれのメリットも覚えておきましょう!

    てゆうか、そもそもなんでこんなに上下するの?

    為替レートが上下する原因は、もう勘のよい方ならお気づきではないでしょうか?
    価格の上下に影響を与えるものってなんでしたっけ?
    ・・そう、需要と供給ですね!(こちらの記事参照)
     
    例えば、日本の自動車をアメリカに売ります。
    アメリカは、日本の自動車メーカーにドルで支払います。
    日本の自動車メーカーは、日本ではドルは使えませんので、ドルを円に変えます。
    この時、円の需要があがります。したがって、輸出ビジネスが拡大していくと、円高に向かう方向になります。
     
    そのほかにも、多くの海外の投資家が円を買おうとすると、円高になります。
    円を買おうとする=円の需要が高まるからですね。
     
    じゃあどんな時に、海外の投資家たちは円を買おうとするのでしょうか?
    これは「日本の景気があがりそうなとき」や、逆に「ドルやユーロの価値が下がったとき」などですね。

    実際に、ギリシャの財政問題で、ユーロの価値が下がったときは、多くの投資家が価値が下がりそうなユーロを売って、その他通貨と比べて比較的安全な円を買うこととで円の需要が高まり、円高化にも影響がありました。

    と、一言で円安、円高といっても、やはりいろいろなことに関係があるのですね!
     
    2015年に1ドル125円前後まで円安が進んだ日本円は、2016年5月現在は107円と円高に進んでおります。
    円高になれば、海外旅行にいくチャンスですよ!今のうちにしっかり貯金しときましょう!
     
    以上、今回はここまで!
    それではまた別記事でお会いしましょう!チャオ!


    Popular Posts!!