• すべて
  • 政治
  • 経済
  • 国際
  • ビジネス
  • ライフスタイル
  • Suwila!!の本
  • Posts

    【今更聞けない】景気のお話し①〜そもそも景気とはなんだろう?基礎の部分を部分をちゃらっとさらっとイージー解説〜

    board-1193333_1280_Fotor

    ハローベイビー!
    こんにちは杉森です!
     
    今回のテーマは景気
     
    街中でも「不景気だ〜」とは「景気回復が〜」なんてよく耳にすますが、
    はたしてなにがどうなれば「好景気」になるのでしょうか?
    そもそも今って不景気って言いますが、なにがどうなってるから不景気なんでしょうか?
    あんまりピンとこなくないですか?
     
    とゆうことで、景気にまつわる気になる部分、早速見ていきましょう!

    気になる景気のお話し

    そもそも景気ってなんなん?

    景気とは単純に言えば、「お財布の中のお金が多いか少ないか」です。
    景気が良い時は、私たちのお財布はもちろん、政府や企業のお財布もホクホクです。
    逆に景気の悪いときは、3者とものいお財布の中身が寂しくなります。
    とゆうことは、私たち(経済学で言う家計)、企業政府のお財布は、景気と連動しているのですね。

    好景気のとき・不景気のときの特徴は?

    好景気と不景気-01

    ここでは上図のように、家計(消費者)・企業・政府のそれぞれの視点から見ていきましょう。
     
    まずは、好景気
    景気が良くなると、家計(従業員)の給料が上がります。家計の財布がホクホクしますね!
    家計の給料が上がると、買い物をたくさんします
    買い物をたくさんする(モノがたくさん売れる)と、企業は儲かります。ここでもお財布ホクホク!
    企業が儲かると、家計の給料があがります
     
    そして、企業の利益が増えると、法人税の額があがります。
    家計の給料があがると、所得税額があがります。
    買い物の量が増えると、合計の消費税額があがります。
    よって、政府のお財布もホクホクになります。
     
    いやー、いいことずくめですね!好景気って!!
     
    まあこのよう感じで、景気が良くなると、みんなの収入が増えると同時に、たくさんのお金を使う、とゆうことになりますね!
    別の言い方でいうと、市場でたくさんお金がまわる、という言い方もします。
     
    では、逆に不景気時を見てみましょう!
     
    景気が悪くなると、家計(従業員)の給料が下がります
    家計の給料が下がると、買い物を控え、貯金するようになります
    買い物が減ると、(モノが売れなくなる)と、企業の利益は減ります
    企業が儲からなくなると、家計の給料がさがります
     
    そして、家計の給料や企業の利益が減ると、政府の税収も減ります
     
    と、みんなのお財布がさみしくなるという、なんとも悲しい状況に陥るわけですね・・・・
    このような、負の連鎖のことを、デフレスパイラル、といいます。

    ああ、不景気って悲しい・・・じゃあずっと好景気でいたいよね!

    despair-513529_1280_Fotor

    そうです。不景気って悲しいことなのです・・・・
     
    現在の日本は不景気です。
    なので、政府が積極的に経済に介入して、なんとか不景気を脱出しようと、ありとあらゆる手段で頑張っています。
    いわゆつ、アベノミクスってやつですね!
     
    ただ、単純に「好景気が良い!」ってわけにのいかないのです。
     
    なぜなのか?その理由は、「物価」という部分にあります。
     
    こちらの記事でもお話ししたように、需要が高いモノは値段があがり、需要が低いものは値段が下がる、というお話しをしました。
    好景気の場合は、たくさん買いものをするようになるので、言い換えると、「モノの需要があがる」という形になります。需要が上がれば、モノの値段(物価も)もあがりますね。
     
    好景気の時は、給料が上がるのでモノの値段があがっても問題はありません。
     
    しかし、景気が突発的に良くなると、モノの値段もいきなりあがってしまします。
    モノの値段の上昇に、給料の上昇が追いつかず、消費が少なくなってしまう、という問題が起きてしまうのです。
    事実、多くの企業では基本的に給料があがるタイミングって、年一回しかないですよね。
    そうなると、物価の上昇と給料の上昇のタイミングのズレって、絶対出てきちゃうんです。
    このズレが大きくなっちゃうと、買い物の量が少なくなり、デフレに入ってしまう、という形になります。
     
    また、景気には必ずがあります。良い景気の後には、必ず悪い景気の期間がでてきます。
    景気が良くなりすぎると、その後の反動も大きくなります。
    バブル崩壊なんて典型的な例ですね。
     
    ということで、単純に「景気が良い」だけではダメなのです。
    重要なのは安定性。なので一般的に、「適度に良い、安定した景気」が一番良い、とされています。
     
    んー!奥が深いっすね!景気パイセン!

    今は不景気ってゆうけども、今まで好景気の時ってどれくらいあったの?

    みなさん、これまでの日本で、景気がよい時ってどれくらいあったかと思いますか?
     
    学校では、「バブル景気」とか「高度経済成長期」とか習いましたよね。
    しかし、日本って実は、1950年間から今までの約60年間で、
    15回も好景気の時期があったんです!15回!
     
    しかし、先ほども言ったように、好景気の後には必ず不景気になります。
    ということは、今までに15回、好景気と不景気が循環した、ということになりますね。
     
    ではちょっと経済史の勉強
    この15回の景気循環を見てみましょう!

    景気循環-01
    ※絶頂期は最も景気が良かった時で、
    緑色の好景気の後に、赤色の不景気がきました。
     
    どうでしょう皆様?いくつくらい知っていましたでしょうか?
    中にはきいたこともないようなものもありますよね!
     
    むしろ、2009年って景気良かったけ?とお思いの方も少なくないんじゃないでしょうか。
    「デジャブ景気」って、なんか中二病みたいなネーミングですが、
    これはあれです、エコポイントのタイミングです。
    あの時、家電がエコポイントのおかげで安く買えましたよね?あれで景気が良くなりました。
     
    これは、不況を乗り越えるために、政府がエコポイントという補助金を出したからこそ、景気回復できたのですね。
    政府はなんやかんや叩かれていますが、なんだかんだ結果も出しているのです。
     
    また、興味がありましたら、一つづつ調べてみてはいかがでしょうか。
     
    以上、今回はここまで!
    今回は、景気の仕組みや流れを見ていきました!
    次回も、景気にまつわるお話をします!
     
    それではまた別記事でお会いしましょう!チャオ!


    Popular Posts!!