• すべて
  • 政治
  • 経済
  • 国際
  • ビジネス
  • ライフスタイル
  • Suwila!!の本
  • Posts

    【今更聞けないGDP②】GNP?NDP?NNI?名目?実質?なんだそれ?〜みんなGDPの兄弟分!ちゃらっとさらっとEasy解説!〜

    経済指標?-01_Fotor

    ハローベイベー!
    こんにちは杉森です!
     
    今回は、GDPの様に経済を測る指数である、GNP・NDP・NNIと、前記事でお話ししたGDPでも、実質GDPと名目GDPの違いがある、という点をみていきましょう!
     
    けどもまあややこしい!ややこしすぎるね!経済3文字シリーズ!

    全員GDPの兄弟分!英語にすると簡単簡単!

    まずは全員フルネームで見てみましょう!

    GNPNDPNDPNNP-01
     
    という感じです!もうお気づきですね!
     
    そう、ここでのポイントは2つ!
    ①国内なのか、国民なのか
    ②総額なのか、純額なのか
    です!
     
    では、違いをみていきましょう!

    ①国内なのか、国民なのか

    Domestic(国内)National(国民)かの違いですね。
    この違いを、日本で例えましょう。
     
    まずは、国内。これは、その国の中で稼いだお金、になります。
    なので、ブルーノマーズが日本公演で稼いだお金は、日本で付加価値が生産されたことになるので、日本のGDPに加算されます。
    一方、トヨタがアメリカで車を作り、車を売ったとすると、アメリカのGDPに加算されます
     
    次に、国民をみてみましょう。
    ブルーノマーズの例でいくと、ブルーノさんはアメリカ人なので、いくら日本公演でお金を稼いだとしても、それは日本の国民総生産(GNP)には入りません
     
    したがって、国内の方(GDPやNDP)では、どこで付加価値が生まれたか、が重要になり、国民の方(GNPやNNP)では誰が付加価値を生んだか、が重要になります。

    それでは、イチローがメジャーリーグで稼いだお金は、イチローは日本人なので日本のGNPに入るのでしょうか。
    答えは「入らない」です。なぜでしょうか。
    イチローは確かに日本人ですが、この国民経済計算(GNPやNNP)では、一年以上居住する人を国民、と考えます。
    したがって、イチローは数年アメリカで生活していますので、この計算上ではアメリカ人として計算します!

    ②総額なのか純額なのか

    それでは次に、総額(Gross)か純額(Net)をみていきましょう。
     
    この違いは、少しマニアックです。
     
    結論から言うと、
    総額(Gross)=固定資本減耗を含む
    純額(Net)=固定資本減耗を含まない
     
    となります。
     
    なんやねーん!こていしほんげんもーう!!!!!
     
    ざっくり言うと、純額(Net)の方が、総額(Gross)よりも、よりリアルっぽい
    とゆうことです。
    とりあえずそのように覚えていればいいと思います!固定資本減耗、ややこしいので!

    「純額」という言葉は、杉森の造語です。あしからず!
    固定資本減耗とは、企業でゆう減価償却みたいなみたいなものです。
    例えば、ある企業が500万の機械で、100万円の価値を生み出したとします。
    しかし1年間も機械を使用していれば、機械はすり減り、機械自体の価値が下がっていきます。
    例えば、翌年には機械の価値が10万円下がったとすると、前年とおなじ100万円の価値を生み出したとしても、
    実際は機械の消耗で10万円価値が下がっているので、実質の価値は、100万円ー10万円の90万円、ということになります。
    この、機械の消耗費10万円を含むか含まないかが、総額と純額の違いになります。

    とゆうのが総額(Gross)と純額(Net)の違いでございます!

    このNDPやNNIは、GDPやGNIよりもリアルな数字が出ますが、実際のところ使用するのが少し困難です。なぜなら、固定資本減耗を完全に把握するのは非常に難しいからです。

    最後にコレ!名目GDPと実質GDP!

    とゆうことで経済を図るにあたっては、様々な指標が使われます。
    ただ、その中で現代の経済で一番使うのが、GDPになります。
     
    そしてこのGDP、ニュースの中では、実質GDPと名目GDPと、2種類のものが出てきます。
    最後にコレをみていきましょう!!

    名目と実質の違いってなに?

    名目GDPと実質GDPの違いは、物価変動の影響を受けるか受けないかの違いです。
     
    例えば、ある国の1年間の生産が、車を1台だけだとします。(もちろんそんなことは絶対あり得ませんよ!)
    2000年は、車1台=200万円でした。
    しかし、10年間で物価が2倍に急上昇し、2010年には車1台400万円になったとします。
     
    そうすると、その国もGDPも200万円から400万円に上ることになります。
    じゃあその国の経済は2倍に発展したの?
    答えはNoですね。生産したのは車1台だけと変わっていないのですから。
     
    この、ただ単に付加価値を計算しただけの数字を、名目GDPといいます。
     
    一方、物価変動を考慮したものが、実質GDPです。
    上の例だと、2010年の実質GDPは、400万÷物価2倍=200万となり、実際2000年と変わっていないことになりますね!

    厳密に言えば、実質GDPを求める式は、名目GDP×物価指数という式になりまります。物価指数にも種類があり、実質GDPを出す際は、GDPデフレータという物価指数を使用します。

    とゆうことで、ニュースでよく聞くGDPにも、実は2種類あったのです。

    じゃあどうやって使い分けようか?

    お気づきの人も多いかとは思いますが、使い分け方としては、
     
    ・今現在の国の経済力を知りたい場合は、「名目GDP」と使う。
    ・過去と比べ、どれだけ成長しているかを知りたい場合は、「実質GDP」と使う。
     
    といったように、ケースによって使い分けるのが普通です。
     
    このように、経済を測る数値は色々あり、そのなかでも実質と名目と分かれるのです。
     
    GDPは世界共通なので、ニュースでもよく話題になります!
    これをきっかけに、今まで聞き流していたニュースも、ちょっと真剣に聞いてみてはいかがでしょうか。
     
    以上、今回はここまで!
     
    それではまだ別記事でお会いしましょう!
    チャオ!


    Popular Posts!!